システム・アップグレードが通話中のスパイを可能にするという報道をSkypeが否定〜盗聴は起きていないと主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

システム・アップグレードが通話中のスパイを可能にするという報道をSkypeが否定〜盗聴は起きていないと主張(The Register)

国際 TheRegister

Skypeがシステムアーキテクチャーを変更し、ユーザーの通話が法執行機関により盗聴可能になったという報道を、同社は正式に否定した。

「先頃、一部の報道で、Skypeが不適切、もしくはユーザーの利益に反する動機に基づいて行動している可能性が示唆された。これほどSkypeの哲学に反することもない」と、Skypeの最高開発・業務責任者のMark Gillettがブログで述べている…

http://www.theregister.co.uk/2012/07/27/skype_denies_spying/

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×