システム・アップグレードが通話中のスパイを可能にするという報道をSkypeが否定〜盗聴は起きていないと主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

システム・アップグレードが通話中のスパイを可能にするという報道をSkypeが否定〜盗聴は起きていないと主張(The Register)

同社の買収直後、Microsoftが「法律に基づく盗聴」システムに関する特許を獲得したことと合わせ、このシフトは一部に、Skypeがユーザーを連邦捜査局に売り渡しているのではないかという懸念を引き起こしたのだ。

国際 TheRegister
Skypeがシステムアーキテクチャーを変更し、ユーザーの通話が法執行機関により盗聴可能になったという報道を、同社は正式に否定した。

「先頃、一部の報道で、Skypeが不適切、もしくはユーザーの利益に反する動機に基づいて行動している可能性が示唆された。これほどSkypeの哲学に反することもない」と、Skypeの最高開発・業務責任者のMark Gillettがブログで述べている…

http://www.theregister.co.uk/2012/07/27/skype_denies_spying/

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×