138名分の取引先および関係者の個人情報を記録したHDDを紛失(パナソニックSSインフラシステム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

138名分の取引先および関係者の個人情報を記録したHDDを紛失(パナソニックSSインフラシステム)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

パナソニックSSインフラシステム株式会社は7月23日、個人情報を保存したハードディスクドライブ(HDD)を紛失したことが発覚したと発表した。これは3月1日、同社の従業員がHDDを紛失したというもの。紛失したHDDには、取引先および関係者138名分の会社名、氏名、メールアドレスなどが記録されていた。

なお、銀行口座番号やクレジットカード番号などの信用情報は含まれていないとしている。同社では事案発覚後、該当者にお詫びと報告を行うとともに、関係省庁に対しても報告を行った。また現在のところ、該当の個人情報が不正に利用された形跡はないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×