138名分の取引先および関係者の個人情報を記録したHDDを紛失(パナソニックSSインフラシステム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

138名分の取引先および関係者の個人情報を記録したHDDを紛失(パナソニックSSインフラシステム)

パナソニックSSインフラシステムは、個人情報を保存したHDDを紛失したことが発覚したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
パナソニックSSインフラシステム株式会社は7月23日、個人情報を保存したハードディスクドライブ(HDD)を紛失したことが発覚したと発表した。これは3月1日、同社の従業員がHDDを紛失したというもの。紛失したHDDには、取引先および関係者138名分の会社名、氏名、メールアドレスなどが記録されていた。

なお、銀行口座番号やクレジットカード番号などの信用情報は含まれていないとしている。同社では事案発覚後、該当者にお詫びと報告を行うとともに、関係省庁に対しても報告を行った。また現在のところ、該当の個人情報が不正に利用された形跡はないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×