一流スパイ:ISPブラックボックスは英国のWebスパイ計画のカギではないと語る〜GoogleやFacebook、Twitterがユーザーのデータを引き渡すことを期待(その1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

一流スパイ:ISPブラックボックスは英国のWebスパイ計画のカギではないと語る〜GoogleやFacebook、Twitterがユーザーのデータを引き渡すことを期待(その1)(The Register)

犯罪活動が行われていると思われる通信データへのアクセスの提供をCSPが拒否した場合、警察やスパイ、収税吏たちは他の当局の中でも特に、パケットキャプチャを行うブラックボックスを使用する必要があると、Farrは言う。

国際 TheRegister
英国のインターネット・トラフィックをモニタリングする政府出資のブラックボックスは、内務省のWebスーパースパイ計画の「要」ではないと、一流スパイが下院議員と上院議員に語った。

MI6の前職員で、安全保障及び対テロリズム局を率いるCharles Farrは、Deep Packet Inspection(DPI)調査が、現在議会により吟味されている政府の通信データ法案の「焦点」であるとする主張を退けた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×