FBIがZTEの隠蔽工作に関する申し立てを調査〜ZTEがイランに不法な技術販売との報道(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

FBIがZTEの隠蔽工作に関する申し立てを調査〜ZTEがイランに不法な技術販売との報道(The Register)

同リストには、AVソフトウェア、スイッチ、モニタ−が含まれており、一部はMicrosoft、HP、Symantecといった米国企業が製造したものであるため、イランに対する米国の輸出禁止措置の対象となる。

国際 TheRegister
中国の通信機器メーカーZTEが米国の会社からイランに対して技術を販売し、メディアがその気配に気づくと故意に証拠を隠すことで、米国の法律を無視したという申し立てに対する犯罪調査を、FBIが開始した。

The Smoking Gunは、同社の上級職員が「商務省の捜査を不正に妨害し、遅延させようとしている」ことを明らかにする、極秘のFBI宣誓供述書を入手したと主張している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×