ディープパケットインスペクション会社のCyber​​oamはSSL脆弱性を修正(The Register) | ScanNetSecurity
2021.05.16(日)

ディープパケットインスペクション会社のCyber​​oamはSSL脆弱性を修正(The Register)

このネットワーク盗聴のセキュリティ・ベンダーによれば、もしメッセージが表示されなければ、機器は「まだ脆弱」であり、ユーザーは「その目的のために作成されたCLIコマンドを使用して」デフォルトCAを変更する必要があるという。

国際 TheRegister
Deep Packet Inspection企業Cyberoamは、同社テクノロジーが「SSLブリッジに関する業界のベストプラクティスに従っている」と主張した後、同社デバイスにホットフィックスをリリースした。

この問題は、Cyberoamのデバイスがその全てで、同一のスケルトン証明書を使用していると、Tor Project研究者たちが主張したことで浮上した。研究者の主張によれば、このことでトラフィック傍受の危険な可能性がひらかれたという…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×