ISPがDNSChangerのセーフティネットに参入〜結局消えることはない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

ISPがDNSChangerのセーフティネットに参入〜結局消えることはない(The Register)

DNSChangerは、感染したマシンのドメイン・ネーム・システム(DNS)設定をだまし、長期にわたるサイバー犯罪の一部として、サーファーを危険なWebサイトにリダイレクトする。

国際 TheRegister
DNSChanger Working Groupの代替DNSサーバが、7月9日月曜、予定通りオフラインとなった。

しかし、およそ300,000台のマシンをインターネット・サービス無しのままにしておくのではなく、多くのISPが自身の代用DNSサーバを設定することで、少なくとも一部の感染したマシンにはセーフティネットを与えることができる…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×