スマートフォンの紛失問題の調査結果を発表、1年間で142,706台が紛失(マカフィー、Ponemon Institute社) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

スマートフォンの紛失問題の調査結果を発表、1年間で142,706台が紛失(マカフィー、Ponemon Institute社)

 マカフィーとPonemon Institute社は17日、「The Lost Smartphone Problem(スマートフォンの紛失問題:英語)」と題する調査結果を発表した。従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難件数と、その影響をあきらかにすることを目的とした調査となっている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 マカフィーとPonemon Institute社は17日、「The Lost Smartphone Problem(スマートフォンの紛失問題:英語)」と題する調査結果を発表した。従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難件数と、その影響をあきらかにすることを目的とした調査となっている。

 それによると、調査対象となった439社のなかで、スマートフォンの紛失数は1年間で142,706台という莫大な数に上ることが明らかとなっている。そのうち約62%は、従業員に業務用として支給している会社所有のスマートフォンだった(残り38%は、個人が業務用として所有しているもの)。なお紛失した142,706台のスマートフォンのうち、回収されたのはわずか7%である9,298件だった。

 従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難率は、毎年平均で4.3%。また紛失場所について、13%が職場、29%が移動中、47%が自宅やホテルの部屋など職場から離れて仕事をしている間に紛失していた。残り11%は、紛失場所について不明確だった。

 紛失したスマートフォンの60%に関しては、機密情報が保存されているという認識があるにもかかわらず、57%が利用可能なセキュリティ機能を使用していないことから、結果として端末が保護されていなかった。業界別で、スマートフォンの紛失率がもっとも高いのは、医療・医薬品、教育・研究、公共事業の各組織だった。

従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難、1年間で14万台以上にも……マカフィー調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×