Firefoxの「New Tab」機能がユーザーのセキュアな情報を暴露:修正予定〜不吉なバージョン13は望ましくないとMozillaが認める(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

Firefoxの「New Tab」機能がユーザーのセキュアな情報を暴露:修正予定〜不吉なバージョン13は望ましくないとMozillaが認める(The Register)

ブラウザおよび電子メールクライアントを提供する同社は他方で、(以下の)声明で説明しているように、プライバシーに敏感なユーザーにいくつかの回避方法を紹介している。

国際 TheRegister
プライバシーに敏感なユーザーたちが、Firefox 13の「New Tab」サムネイル機能は「ユーザーのHTTPSセッション・コンテンツのスナップショットを撮る」と注意を促している。

The Registerの読者クリスが、新しいタブをオープンしたところ、同機能により「以前のオンライン・バンキングとWebメールのセッションが、アカウント番号や収支、サブジェクト行などと共に現れた」という。

「このコンテンツは、理由があってセキュアなログイン後に表示されるものだ」とクリスは言う…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×