Anonymousが日本を標的に大規模なサイバー攻撃か、被害拡大の可能性も(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

Anonymousが日本を標的に大規模なサイバー攻撃か、被害拡大の可能性も(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、国際的なハッカー集団とされる「Anonymous」による声明と、その後の攻撃被害についてブログで取り上げている。

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は6月27日、国際的なハッカー集団とされる「Anonymous」による声明と、その後の攻撃被害についてブログで取り上げている。これは6月25日、Anonymousが日本を標的に大規模なサイバー攻撃を行うという声明がWeb上に掲載され、翌日以降、標的として宣言された組織を含む日本国内の複数組織のWebサイトが改ざんされるなどの被害が発生しているというもの。今回の攻撃が実際にAnonymousによるものであるのか、どういった攻撃手法であるかなどの詳細については現時点では明らかになっていない。

公開されている情報によると、標的は日本政府ならびにその関連組織とされているが、公開サーバなどに対するDDoS攻撃や、SQLインジェクションなどの手法を用いたWeb改ざんなどの攻撃による被害が、標的とされる組織以外にも広まってしまう可能性が考えらるとしている。同社では、Webサイトを運営する組織はもちろん、個人ユーザも意図せず加害者にならないよう、改めてセキュリティ対策状況を再確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×