富士通が278桁の暗号を解読〜同暗号の解読が他の修正を援助(The Register) | ScanNetSecurity
2023.02.02(木)

富士通が278桁の暗号を解読〜同暗号の解読が他の修正を援助(The Register)

今回の記録を達成するには、21台のPC、もしくは252コアという、2009年の取り組みの数百倍の計算パワーが必要だったと、富士通は語っている。

国際 TheRegister
日本の巨大コンピューター関連企業富士通が278桁(978ビット)のペアリング暗号システムの解読に成功し、世界記録を更新したと発表した。これにより、この次世代暗号システムがどの程度信頼できるかに関して有用なデータが提供された。

同社の研究開発部門、富士通研究所は情報通信研究機構(NICT)および九州大学と協力し、この暗合を148.2日間で解読した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×