プライバシーの最高権威、スマートメーターは「大規模監視」技術であると指摘〜EUのお目付役が消費者保護のデータ法を要求(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

プライバシーの最高権威、スマートメーターは「大規模監視」技術であると指摘〜EUのお目付役が消費者保護のデータ法を要求(The Register)

英国のエネルギー・気候変動省はこの方向で歩を進めており、収集したデータはサード・パーティには共有されないことを約束しているほか、盗難防止の為の適切なセキュリティを要求しているが、それさえも、EDPSによる制限の不足という示唆を回避するには十分ではない。

国際 TheRegister
EUデータ保護監視官(EDPS)は、スマートメーターがプライバシーに対する重大な脅威であると警告し、手遅れにならないうちに顧客データの保存および使用を制限したいという考えを示した。

EDPSは、EUの方針がプライバシーに対するリスクとなる可能性を特定する役割を担う、独立系の権威者だ。家庭内の電気使用を正確にモニターする次世代型メーターは、早急に彼の懸念に対処しないかぎり、調査対象となる可能性が非常に高いと考えている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×