中国人外交官が自衛隊のスパイ行為で告発〜PLAに所属か(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

中国人外交官が自衛隊のスパイ行為で告発〜PLAに所属か(The Register)

国際 TheRegister

中国人民解放軍(PLA)とつながりのある中国の外交官が、東京で勤務中に自衛隊の技術データをスパイしたとして告発されている。

日本の首都警察は、2008年にLi Chunguang(45)が外国人登録証を更新する際、偽の書類を提出し、また中国大使館の一等書記官として勤務中に、事業活動に従事して外交に関する国際法を破ったと主張する書類を、地方検事に提出する準備を行っている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×