情報セキュリティ人材育成の当面の課題について取りまとめ(NISC) | ScanNetSecurity
2022.10.02(日)

情報セキュリティ人材育成の当面の課題について取りまとめ(NISC)

NISCは、情報セキュリティ政策会議の下に設置された「普及啓発・人材育成専門委員会」によりとりまとめられた「情報セキュリティ人材育成プログラムを踏まえた2012年度以降の当面の課題等について」を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は5月31日、情報セキュリティ政策会議の下に設置された「普及啓発・人材育成専門委員会」によりとりまとめられた「情報セキュリティ人材育成プログラムを踏まえた2012年度以降の当面の課題等について」を発表した。これによると、情報セキュリティに関する人材のパターンを大きく四分類(企業等の情報セキュリティ担当者、政府機関などの情報セキュリティ担当者、情報セキュリティ産業人材、先端的な研究者・技術者)し、それぞれに必要となる施策や横断的課題への対応策を整理・提言している。

提言されたおもな具体的施策については、「キャリアパス・モデルの普及、人材育成計画策定促進」「スキル、資格、教育プログラムの整理」「政府職員の人事ローテーションの工夫」「公務員採用時における情報セキュリティ関連素養の確認」「サイバーインシデント版のDMATの育成」「複数大学や産業界の連携協力による大学・大学院教育」「大学入試センター試験における情報科の出題に係る検討」が挙げられている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×