仮想パッチ技術でサーバ停止無しで脆弱性対策(NJC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

仮想パッチ技術でサーバ停止無しで脆弱性対策(NJC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本事務器株式会社(NJC)は5月28日、トレンドマイクロ株式会社の仮想パッチテクノロジーによるSaaS型サーバ脆弱性対策サービス「ServerVirtualPatchあんしんプラス」を6月より販売開始すると発表した。本サービスは、エージェントをサーバにインストールすることで、OSやアプリケーションにセキュリティパッチを適用することなく、脆弱性を悪用する攻撃をネットワークレベルで検知・防御し、サーバを保護するもの。価格は1台あたり月額6,600円から。

サーバの再起動が不要であるため、ユーザの業務遂行に支障をきたすことなく、セキュリティパッチが適用できないサーバを保護することが可能となる。またSaaS型であるため専用の管理サーバが不要、保護したいサーバへのエージェントのインストールはNJCがリモートで実施する。初期導入コストや運用時にユーザが行う作業を最小限に抑え、保有するサーバが少ない環境でもサイバー攻撃対策を効率的に管理・運用することが可能となるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×