カスペルスキーCEO、iOS向けアンチウイルス開発ができないことに失望~将来のシェア低下をも懸念(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

カスペルスキーCEO、iOS向けアンチウイルス開発ができないことに失望~将来のシェア低下をも懸念(The Register)

国際 TheRegister

ユージン・カスペルスキーは、犯罪者たちがiOSを標的とするのは時間の問題に過ぎないと感じており、AppleがiOSデバイス用のアンチウイルス・ソフトウェア開発を「させようとしないことに、少々失望して」いる。

「我々はセキュリティ企業として、iOS用のエンドポイント・セキュリティを開発することができません」と、カスペルスキーは今日(編集部註:2012年5月22日)、シドニーでThe Registerに語った。マルウェアが将来、iOSを攻撃するのは避けがたく、「このことはAppleにとって、大きな失敗となるでしょう」と彼は言う。

カスペルスキーによれば、感染ベクターはiOS自身ではないだろうという。同OSは他のオペレーティング・システムよりも「意図的によりセキュア」となっていると彼は言う。したがって、「脆弱性を使用しないマルウェアを開発するのはほとんど不可能」だと評価している。「唯一の方法は、合法的なソフトウェアのソースコードにそれを埋め込むことです。それはマーケットプレイスで行われ、数百万、数千万のデバイスに感染するでしょう。」

これまでのところ、犯罪者たちはこの方法を無視してきた。何故なら、他の攻撃よりも「複雑」だからだとカスペルスキーは言う。「連中はWindowsマシンで満足しています。現在、Macで満足しています。Androidもあります。iOSを感染させるのは遙かに困難ですが、可能ではあり、それが実行されれば、最悪のシナリオとなるでしょう。何の防御策も無いのですから。Apple SDKが、我々にプロテクションを用意させてくれないのです」

iOSに対する攻撃の結果は、Appleのマーケットシェア下落、それに伴うAndroidの躍進につながると、彼は感じている。カスペルスキーによれば、AndroidはiOSよりもセキュアでないプラットフォームではあるが、少なくとも開発者にセキュリティ・ソフトウェアを開発する機会を与えている。したがって、激しい攻撃が起きれば、それは閉ざされたエコシステムの問題を強調し、Appleに永続的なダメージを与える可能性があると、カスペルスキーは主張する。

彼はこの問題について、ただ語るだけでなく行動で証明してさえいる。2015年までに、他のプラットフォームのセキュリティ問題が一因となって、Androidのマーケットシェアが80パーセントに達すると、友人達と賭けをしているのだ。

※本記事は全文を掲載しました。
The Register特約記事は有料メールマガジンで全文配信しています。ぜひご登録ください

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×