「Yahoo! Mail」で標的型攻撃に悪用可能な脆弱性(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

「Yahoo! Mail」で標的型攻撃に悪用可能な脆弱性(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は5月21日、「Yahoo! Mail」で標的型攻撃に悪用が可能な脆弱性が確認されたとして、ブログで注意喚起を行っている。標的型攻撃に関連するメールを解析した際に「差出人」の欄に含まれる不正なJavaScriptを確認している。このJavaScriptは、メール受信者に対し「Document Object Model(DOM)」型の「クロスサイトスクリプティング(XSS)」を利用した攻撃を仕掛けるものであった。ただし同社では、この脆弱性を突く攻撃を再現することができなかったという。

同社では、この問題についてYahoo! に連絡を取っており、Yahoo! においても攻撃の再現を試みたが、不成功に終わった。しかしYahoo! は、この不正なJavaScriptを検知するフィルター機能を強化している。トレンドマイクロでは、2011年6月に「Gmail」や「Hotmail」「Yahoo! Mail」といった人気のWebメールすべてに、ユーザのメールアカウント情報を改ざんしたりユーザのコンピュータを侵害したりする脆弱性が存在することを報告しており、利用者に注意するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×