TeamPoisonハッキングの第三の10代容疑者をサイバー・コップが尋問〜テロ防止ホットライン攻撃の摘発調査で若者に手錠(The Register) | ScanNetSecurity
2022.10.03(月)

TeamPoisonハッキングの第三の10代容疑者をサイバー・コップが尋問〜テロ防止ホットライン攻撃の摘発調査で若者に手錠(The Register)

今回の逮捕は、昨年、ロンドンで暴動が起きた際、BlackBerryブログを改ざんして騒動を引き起こし、政治的な動機を持つハッキング・チームTeaMp0isoNに対してPCeUが行っている捜査の一環だ。

国際 TheRegister
英国のサイバーコップが、悪名高いTeaMp0isoNハッカーの第三の容疑者を逮捕した。

名前を公表されていない17歳の若者が、コンピュータ不正使用法(Computer Misuse Act)を侵害した容疑により、ニューカッスルで手錠をかけられた。刑事達はフォレンジック分析のためにコンピュータ機器を差し押さえ、水曜、近隣の警察署でこの若者を尋問した。ロンドン警視庁は、取り調べは継続中で、起訴には持ち込まれていないと語った…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×