TeamPoisonハッキングの第三の10代容疑者をサイバー・コップが尋問〜テロ防止ホットライン攻撃の摘発調査で若者に手錠(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

TeamPoisonハッキングの第三の10代容疑者をサイバー・コップが尋問〜テロ防止ホットライン攻撃の摘発調査で若者に手錠(The Register)

国際 TheRegister

英国のサイバーコップが、悪名高いTeaMp0isoNハッカーの第三の容疑者を逮捕した。

名前を公表されていない17歳の若者が、コンピュータ不正使用法(Computer Misuse Act)を侵害した容疑により、ニューカッスルで手錠をかけられた。刑事達はフォレンジック分析のためにコンピュータ機器を差し押さえ、水曜、近隣の警察署でこの若者を尋問した。ロンドン警視庁は、取り調べは継続中で、起訴には持ち込まれていないと語った…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×