「Do Not Track」機能のサポートを発表、ヘルプページで設定方法を紹介(米Twitter) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

「Do Not Track」機能のサポートを発表、ヘルプページで設定方法を紹介(米Twitter)

 米Twitterは17日(現地時間)、公式ツイッターで「Do Not Track(DNT)」機能をサポートすることを発表した。DNTは広告などに利用するためにユーザーの情報を読み取る「トラックング」を拒否する機能。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Twitterは17日(現地時間)、公式ツイッターで「Do Not Track(DNT)」機能をサポートすることを発表した。DNTは広告などに利用するためにユーザーの情報を読み取る「トラックング」を拒否する機能。

 トラッキングを巡っては、今年2月に、Googleがアップルのブラウザの設定を回避してトラッキングをしていることが問題視された。こうしたトラッキングはGoogleに限らず一般的に行われていることがわかるにつれ、Googleへの過度な批判は収まったものの、ユーザーが知らぬ間に蔓延していたトラッキング行為への不安感は、米国では極めて大きなものとなった。その解決策をオバマ大統領が提言したほどだ。

 オバマ大統領の提言は「Consumer Privacy Bill of Rights」と題した文書で示され、その中でブラウザメーカーにDNT機能を搭載するように呼びかけている。今回のTwitterの発表はこのDNT機能をサポートするというもので、ヘルプページで主要なブラウザでDNT機能を有効にする設定方法を紹介している。

 主要なブラウザのメーカーはすでにDNT機能を導入することを連邦政府に約束している。しかし、現時点でDNT機能を使うには、ブラウザの初期設定を変更したり、拡張機能を導入する必要がある。

Twitterが「Do Not Track」のサポートを発表、主要ブラウザの設定方法紹介

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×