SkypeのIPアドレス漏えいの危険はP2P全体の問題(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.23(日)

SkypeのIPアドレス漏えいの危険はP2P全体の問題(The Register)

「これは全てのピア・ツー・ピア・ソフトウェア企業が直面する、業界全体で現在進行中の問題です。我々は顧客の安全とセキュリティに専心し、保護に役立つ手段を講じています。」

国際 TheRegister
ユーザーの最新のIPアドレスをスキミングできるコードがオンラインにポストされ、Skypeがセキュリティの欠陥の可能性としてチェックしている。

同ソフトウェアはPastebinにポストされたもので、パッチを当てたバージョンのSkype 5.5で機能する。攻撃者が現在オンラインのユーザーに電話することなく、彼らのIPアドレスをチェックできる2、3のレジストリ・キーを追加する。Whoisなどのサービスは、標的に関して都市、国、インターネット・プロバイダー、内部IPアドレスに関する詳細も提供する。

CSITechのセキュリティ研究者のMD、Nick Furneauxは、「これをテストしたところ、マシン上で、言われている通りのことが行われる」とブログに書いている

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×