SkypeのIPアドレス漏えいの危険はP2P全体の問題(The Register) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

SkypeのIPアドレス漏えいの危険はP2P全体の問題(The Register)

「これは全てのピア・ツー・ピア・ソフトウェア企業が直面する、業界全体で現在進行中の問題です。我々は顧客の安全とセキュリティに専心し、保護に役立つ手段を講じています。」

国際 TheRegister
ユーザーの最新のIPアドレスをスキミングできるコードがオンラインにポストされ、Skypeがセキュリティの欠陥の可能性としてチェックしている。

同ソフトウェアはPastebinにポストされたもので、パッチを当てたバージョンのSkype 5.5で機能する。攻撃者が現在オンラインのユーザーに電話することなく、彼らのIPアドレスをチェックできる2、3のレジストリ・キーを追加する。Whoisなどのサービスは、標的に関して都市、国、インターネット・プロバイダー、内部IPアドレスに関する詳細も提供する。

CSITechのセキュリティ研究者のMD、Nick Furneauxは、「これをテストしたところ、マシン上で、言われている通りのことが行われる」とブログに書いている

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×