ムンバイテロに関与したテロ組織がGPRSで独自VoIPを構築(The Register) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

ムンバイテロに関与したテロ組織がGPRSで独自VoIPを構築(The Register)

ある諜報関係の消息筋がTimesに語っている。「ですが現在、Lashkarのメンバーたちは、プライベートなVoIPを使用したオーディオ、もしくはビデオ会議を実施しているため、機密情報を収集するのが難しくなっています。」

国際 TheRegister
Times of Indiaによれば、テロ集団Lashkar-e-Taibaが、GPRSネットワーク上でメンバーを結びつける、自身のVoIPを開発したという。

英国米国の当局はどちらも、Lashkar-e-Taibaを非合法なテロ組織と断じている。同グループの目的には、カシミールに対するインドの主権譲渡などが含まれる。同組織のメンバーは、2008年のムンバイ同時多発テロに関与している。

報道によれば、このVoIPネットワークはインドの諜報機関の裏をかくものだ。電子メールや商用VoIPサービス上でスパイする以上に困難なため、もはや同グループのメンバーを追跡できないことを意味している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×