英ICO、患者の精神分析ファイル漏えいに罰金900万円(The Register) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

英ICO、患者の精神分析ファイル漏えいに罰金900万円(The Register)

今回のケースでは、職員が十分なトレーニングを受けておらず、プライベートな情報が誤った人々の手に渡らないようにするための、十分なチェックも用意されていなかったことが、同事務局の調査で判明した。

国際 TheRegister
英国の情報コミッショナー事務局(ICO)は、電子メールの失策でメンタルヘルス患者のファイルが漏洩した件で、NHS(編集部註:国民保健サービス)に初の罰金を科した。

ICOはウェールズのAneurin Bevan Health Boardに対し、機密情報を誤った人物に送信した件で、70,000ポンド(編集部註:約900万円)を請求した。

NHSのあるコンサルタントが、患者の精神状態に関する詳細な報告を含む電子メールを、清書のため秘書に送信した。しかし、この医者は患者の名前に2種類のつづりを使用したため、ファイルは異なるつづりの名前を持つ誤った人物に送信される結果となった。

ICOは約18カ月前に厳しい罰金を科す権限を得ているが、データ保護法の侵害が伝えられるか、発見するかしても、同組織が民間課徴金と呼ぶものを常に科すわけではない。しかし、正しい予防策が講じられていないと考えた場合には、組織に対して罰金を科す。

今回のケースでは…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×