ゴールドマン・サックスで電子メール・マペット・ハンティング〜「有害で破壊的」なリークがグレップ騒動を引き起こす(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

ゴールドマン・サックスで電子メール・マペット・ハンティング〜「有害で破壊的」なリークがグレップ騒動を引き起こす(The Register)

より厳しい金融規制は、ゴールドマン・サックスが実行を強いられたような電子メールの徹底調査が将来、より通常のものとなる可能性が高いことを意味していると言う。

国際 TheRegister
ゴールドマン・サックスが、同マーチャント・バンクには「有害で破壊的」なカルチャーが存在すると前上級職員が告発したことを受け、企業メールの調査に乗り出した。

同行の前役員Greg Smithは、職員が内部メールのやり取りで、クライアントをこっそり「マペット(間抜け)」呼ばわりしているほか、他のビジネスエチケットでも違反を犯していると主張している。

ゴールドマン・サックスに12年間勤務した後、New York Timesに3月14日に掲載された論説記事で、Smithは手厳しい批判を行っている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×