GoogleがSafariのプライバシーにおける失策でFTCの莫大な科料に直面〜数百万のAppleサーファーが大打撃をもたらす可能性(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

GoogleがSafariのプライバシーにおける失策でFTCの莫大な科料に直面〜数百万のAppleサーファーが大打撃をもたらす可能性(The Register)

国際 TheRegister

伝えられるところでは、Googleは、先週米国連邦通信委員会(FCC)から通達されたわずかな科料を上回る罰金を科されそうだという。

Mercury Newsによれば、連邦取引委員会(FTC)とGoogleの会合についてよく知る匿名の情報源からの情報として、この検索界の大企業はAppleのSafariブラウザでデフォルトのプライバシー設定を迂回した件で、より大きなペナルティが科されそうだという。

アメリカ本土の消費者監視組織であるFTCは、30日以内に罰金を科す可能性があると、同紙は報じている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×