中堅・中小企業などに向けたIT統制のための情報漏えい対策アプライアンス(MJS) | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

中堅・中小企業などに向けたIT統制のための情報漏えい対策アプライアンス(MJS)

MJSは、IT統制のための情報漏えい対策アプライアンス「SOXBOX NX」を販売開始した。本製品は、情報セキュリティ上のリスクを可視化しつつ内部統制を強化するとともに、運用の効率化によるコスト削減をも実現する情報漏えい対策とIT資産管理のアプライアンス製品。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ミロク情報サービス(MJS)は4月16日、IT統制のための情報漏えい対策アプライアンス「SOXBOX NX」を4月17日より販売開始したと発表した。本製品は、情報セキュリティ上のリスクを可視化しつつ内部統制を強化するとともに、運用の効率化によるコスト削減をも実現する情報漏えい対策とIT資産管理のアプライアンス製品。10ライセンスでの基本参考価格は70万円から。

Webフィルタリング機能では、日本語サイト約1億8,000万ページがデータベースでカテゴライズされており、情報漏えいリスクが高いサイトや私的利用の可能性が高いソーシャルメディア、およびウイルス感染の可能性があるサイトへのアクセスや書き込みを禁止・制限することが可能。また、USBメモリなどの各種デバイスを介した情報の持ち出しの制限・禁止、メール送受信履歴やPCの操作履歴の確認を容易に行うことができる。これにより、タイムリーな不正接続検知はもちろん、万一の有事の際には追跡調査が可能となる。IT設備情報の自動収集も可能だ。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×