3月の東日本大震災関連倒産は53件で高止まり、累計697件に(東京商工リサーチ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.18(金)

3月の東日本大震災関連倒産は53件で高止まり、累計697件に(東京商工リサーチ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

東京商工リサーチは9日、4月6日現在の東日本大震災関連倒産の調査結果を発表。3月の東日本大震災関連倒産は53件で、依然として50件台で高止まりしている。

累計では2012年4月6日現在で697件。4月に入ってからも7件発生しているほか、事業停止や破産などの法的手続きの準備を進めている「実質破綻」が33件となっている。

2月の「東日本大震災」関連倒産53件の内訳は「間接型」被害が51件、「直接型」被害が2件だった。直接型の多賀城北日本自動車学院は、津波で本社建物が全壊し、ほとんどの教習車や送迎車が流出。震災後は全国の自動車教習所から教習車を提供してもらうなどの支援を受け、事業再開を目指していたが、代替地や資金の工面ができず事業再開を断念、破産を申請した。

震災関連倒産の累計697件の都道府県別では、最多が東京の180件。次いで北海道の52件、福岡の40件、宮城の30件、岩手の29件、福島と大阪の28件、愛知の27件と続く。直接被害を受けた東北6県の倒産件数は109件で、全体の15.6%にとどまる。

産業別では、製造業が169件で最多。次いで宿泊業、飲食店などを含むサービス業他が166件、卸売業が125件、建設業が109件、小売業が56件と続く。

東日本大震災関連倒産、50件台で高止まり…3月 東京商工リサーチ

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

    日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

  2. 休暇中もデバイスをオフラインにしない日本人、公共Wi-Fi利用のリスクを指摘(マカフィー)

    休暇中もデバイスをオフラインにしない日本人、公共Wi-Fi利用のリスクを指摘(マカフィー)

  3. サイバー犯罪者に人気の電子カルテ、しかし10万台の医療機器がネットに露出(トレンドマイクロ)

    サイバー犯罪者に人気の電子カルテ、しかし10万台の医療機器がネットに露出(トレンドマイクロ)

  4. 「顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」柳井 政和(ブックレビュー)

  5. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  6. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  7. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  8. IoT機器の遠隔操作を狙う通信が1年で6.4倍に増加--年次レポート(NRIセキュア)

  9. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  10. ログ分析で今すぐ始めるセキュリティ運用 ~ ログ分析の基本の「き」

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×