親中派ハッカーがマルウェアでチベットの活動家を狙う~人民共和国に仕えるスパマー(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

親中派ハッカーがマルウェアでチベットの活動家を狙う~人民共和国に仕えるスパマー(The Register)

中国寄りのハッカー達が、親チベット派の受信者にマルウェアを送りつけようと、スパム・メッセージでセキュリティ企業AlienVaultの電子メールアドレスをかたり始めている。

国際 TheRegister
中国寄りのハッカー達が、親チベット派の受信者にマルウェアを送りつけようと、スパム・メッセージでセキュリティ企業AlienVaultの電子メールアドレスをかたり始めている。

この動きは、チベットの多くの組織に対するスピア・フィッシングについて、同セキュリティ企業が警告を発した数日後に現れた。

スピア・フィッシング・メッセージは、1月の初旬に行われたチベットの宗教行事Kalachakra Initiationに関するものだ。念入りに標的を定めたメッセージ(Central Tibet AdministrationやInternational Campaign for Tibetといった組織に送信された)はマルウェア・ペイロード、すなわちデジタルに署名されたGh0st RAT(リモート・アクセス型トロイの木馬)の亜種を含んだ感染性のOfficeファイルを含んでいる。

AlienVaultはこの攻撃を、昨年、化学薬品企業と軍需企業に対して「Nitro」攻撃を行った(Gh0st Trojanも利用された)中国人ハッカーたちと、同一のグループに起因するものと考えている。

AlienVaultのラボの責任者で、セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)ツールの専門家Jamie Blascoは次のようにコメントした:「親中派のシンパたちが、我々の調査を深刻に受け止め、我々の名を汚そうとし始めたという事実は、中国のサイバー攻撃者に関する我々のメッセージが急所を突いたということ、そしてサイバー犯罪の活動家たちがこころよく思っていないことを示して…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×