米国の全携帯電話の49.7%がスマートフォンに、プラットフォームはほぼ半数をAndroidが占める(米ニールセン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

米国の全携帯電話の49.7%がスマートフォンに、プラットフォームはほぼ半数をAndroidが占める(米ニールセン)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 調査会社の米ニールセンは米国の携帯電話についての調査結果を発表した。スマートフォンの普及はますます進み、全携帯電話の49.7%がスマートフォンとなった。

 調査は2012年2月現在のもの。前年同期ではスマートフォンは36%だったが、1年で約半数といえる49.7%まで増加した。しかも、直近の3ヶ月に携帯電話を購入した人のうち、2/3はスマートフォンを選んでいるという。

 プラットフォーム別の内訳では、スマートフォンの48%がアンドロイドで、iOSは32.1%となっている。ただし、直近3ヶ月の新規購入者のデータでは43%がiOSを選んでおり、著しい増加傾向にあることが分かる。一方、BlackBerryは12%のシェアを確保しているものの、直近3ヶ月で新規購入者のデータではわずか5%しかない。

米国では携帯電話の半数がスマートフォン!依然としてAndroidが優勢

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×