「ファイルのない」マルウェアがRAMにインストール〜プロセスに侵入するがファイルはインストールしないエクスプロイトをロシアのアドウェアで発見(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

「ファイルのない」マルウェアがRAMにインストール〜プロセスに侵入するがファイルはインストールしないエクスプロイトをロシアのアドウェアで発見(The Register)

マシンのガードをかいくぐると、同マルウェアはWindows User Account Controlを攻撃しようとし、Lurkトロイの木馬をインストールして関連ボットネットにコネクトする。

国際 TheRegister
Kaspersky Labsの研究者たちが、被害者のPC上にファイルをインストールしない、珍しいマルウェアを発見した。

どれくらい珍しいかについて、研究者たちはまだ確信を持てずにおり、「ユニーク」で「非常にまれ」と述べているが、このタイプのマルウェアがいかに少なかろうと、「それはペイロードを使用して、javaw.exeプロセスのメモリにWebから直接、暗号化されたdllをインジェクトする」ため、厄介なことのように思われる。その動作モードは、WindowsとMacOSの双方が同エクスプロイトに影響されることを意味しており、それが信頼されたプロセス内で動作する場合、多くのアンチ・ウイルス・プログラムにとって、特定は難しいということだ…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×