中国のテクノロジー企業に軍との協力の疑い~軍の研究開発を援助していると米国の国防報告書が主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

中国のテクノロジー企業に軍との協力の疑い~軍の研究開発を援助していると米国の国防報告書が主張(The Register)

国際 TheRegister

中国人民解放軍は、紛争の際、米国の軍事行動に対する「真のリスク」を意味する、高度な情報戦の能力で兵士を武装させ、展開していると、新たな報告書が主張している。

ノースロップ・グラマンが米国政府のため、中国により引き起こされるサイバー脅威に関して作成した詳細な136ページの報告書(PDF)が、木曜日に公開された。

同社は人民共和国が情報戦(IW)とコンピュータ・ネットワーク・オペレーション(CNO)があらゆる軍事行動に不可欠な部分であると信じるに到り、「情報対立」として知られるフレームワークで、それらを従来のコンポーネントに組み込んでいると主張している。

同社は中国軍が米国のコマンド・アンド・コントロール・インフラを絶えず値踏みしており、従って「電子兵器対策兵器、ネットワーク攻撃およびエクスプロイト・ツールの双方を利用して、これらのシステムを標的とする」可能性があると主張している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×