セキュリティ企業SonicWALLを買収し、ハードウエア偏重からの脱却を目指す(米デル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

セキュリティ企業SonicWALLを買収し、ハードウエア偏重からの脱却を目指す(米デル)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米デルは13日(現地時間)、ネットワークセキュリティ企業のSonicWALLを買収したと発表した。デルは企業ユーザー向けにセキュリティソリューションを提供し、ハードウエア偏重からの脱却を目指す。

 SonicWALLはハッキングやウイルスの攻撃から企業ネットワークを守るセキュリティを開発しており、その次世代ファイアウォールとUTM(統合脅威管理)ファイアウォールは評価が高い。同社は130以上の特許を保有または申請している。

 デルはパソコンをはじめとするハードウエア企業のイメージが強いが、近年は企業ユーザー向けのソフトウエアやセキュリティをはじめとする各種のソリューションに注力している。SonicWALLもその流れに沿ったものといえる。

デルがセキュリティ企業SonicWALLを買収、ソリューション強化図る

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×