トロイの木馬Duquは未知のプログラミング言語で書かれている~アンチ・ウイルス研究者が開発者に手助けを求める(The Register) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

トロイの木馬Duquは未知のプログラミング言語で書かれている~アンチ・ウイルス研究者が開発者に手助けを求める(The Register)

「Duquプロジェクトの規模を考えると、ドライバーを作成し、システム感染エクスプロイトを書いたチームとは別に、全く別のチームがDuqu Frameworkの作成に関与している可能性があります」と、Kaspersky LabのチーフセキュリティエキスパートAlexander Gostevは説明する。

国際 TheRegister
セキュリティ研究者たちが、トロイの木馬Duquの一部が未知のプログラミング言語で書かれていることを発見し、手助けを求めている。

Duquは、悪名高いStuxnetワームを手がけたのと同一のグループにより作成されたとみられる、高度なトロイの木馬だ。精巧に調整されたStuxnetワームは、特定の産業制御システム、すなわち論争の的となっているイランの核濃縮プラントにより使用された、高速遠心分離機をコントロールするシステムにねらいを定めて設計されていたが、Duquは、侵入者がSCADAベースのシステムに侵入し、機密情報を盗むことを可能にするという、若干異なるバックドアの役割を成し遂げることを目的に作成された。

Kaspersky Labのセキュリティ研究者が、Duquは障害の起きたマシンを感染させると、Command and Control(C&C)サーバと通信するため、未知のコードを使用することを発見した。ロシアの同アンチ・ウイルス企業の研究者は、この未知のセクションを「Duqu Framework」と名付けた。

Duquのその他の部分とは異なり、Duqu FrameworkはC++では書かれておらず、MicrosoftのVisual C++ 2008でコンパイルされていない。Kasperskyの調査チームは、Duqu Frameworkが使用している謎の言語の解明に向かっているが、さらなる助けを必要としている。これまでのところ、研究者達は謎のコードが何をするかを解明したものの、プログラミング言語の文法とシンタックスについては、まだほとんど見当がついていないと言う。

Kaspersky Labの研究者によれば…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×