BCP対策として部品調達電子商取引をクラウド型システムで構築(TIS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.19(土)

BCP対策として部品調達電子商取引をクラウド型システムで構築(TIS)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

TISは、三菱自動車の部品調達EDI(電子商取引)向けシステムをSaaS型EDI『オンデマンド・サービス・バイ・ACMS』で構築したと発表した。

三菱自動車では、サプライチェーンマネジメントを支える部品調達EDIのBCP(事業継続)対策としてオンプレミス型からクラウド型システムへの移行を検討していた。

TISは三菱自動車のEDIがスタートしてからこれまで、「ACMS」をベースとしたシステム構築、保守運用業務を担当していた。三菱自のEDI基盤のクラウド移行の検討でも、当初からクラウド技術の最新動向などの情報を提供、自社で提供するクラウドサービス「TISエンタープライズ・オンデマンド・サービス」を組み合わせたオンデマンド・サービス・バイ・ACMSを提案した。

三菱自動車では、EDIのBCP対策にクラウド活用が有効と考えていたものの、クラウドサービスに関する信頼性や堅牢性に不安があったが、オンデマンド・サービス・バイ・ACMSの基盤となっているエンタープライズ・オンデマンド・サービスがクラウドサービスとして高い信頼性や堅牢性がある点を高く評価し、最終的にはACMSがそのままクラウド環境で活用できるという点が決め手となって導入を決定したとしている。

三菱自動車は従来型システムを3年間運用した場合と比べて、今回のクラウド移行費と今後3年分の運用費の合計は、トータルで約2割のコスト削減になると試算している。

また、新システムでは、最短30分で高速なCPU、メモリ、ディスク追加など仮想サーバの処理能力を増強できるため、EDI上で処理するデータ量が急増しても柔軟に対応することが可能で、取引先の急増などにも柔軟な対応が可能になると、している。

三菱自動車、クラウド型電子商取引システムを構築

《編集部@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

    3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  4. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  5. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  6. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  7. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  8. サイバー攻撃対策要員養成アカデミーに産業制御系システム対応コースを新設(DNP)

  9. 家庭や学校、企業で利用可能な初心者向け学習資料をシリーズで無償提供(トレンドマイクロ)

  10. IoT機器向けのセキュリティソリューションで協力(ST)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×