ZeuS TrojanがP2P技術を採用~消せないボットネット(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

ZeuS TrojanがP2P技術を採用~消せないボットネット(The Register)

国際 TheRegister

Zeusbot/SpyEyeサイバー犯罪ツールキットの新たな亜種が、コマンド・アンド・コントロール(C&C)サーバへの依存から、ピア・ツー・ピア・アーキテクチャへと移行している。

C&Cサーバは、サイバー犯罪ネットワークのアキレス腱で、法執行機関や警察によるテイクダウン作戦やモニタリングに脆弱だ。昨年リリースされたZeusbot/SpyEyeの亜種は、障害が起きたホストが代替C&Cサーバに関する情報を交換可能にするピア・ツー・ピア機能を組み込むことで、テイクダウンによって処刑に導かれる問題を回避した。

現在、サイバー詐欺師はC&Cサーバの必要を無くすため、P2Pテクニックによってインストラクションを伝えることを可能にする機能も、Zeusbot/SpyEyeに組み込んでいる…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×