ZeuS TrojanがP2P技術を採用~消せないボットネット(The Register) | ScanNetSecurity
2020.02.19(水)

ZeuS TrojanがP2P技術を採用~消せないボットネット(The Register)

たとえC&Cサーバが削除されても、ボットネットは他のピアと交信し、新たなC&CサーバのURLでコンフィギュレーションファイルを受けとることができる。

国際 TheRegister
Zeusbot/SpyEyeサイバー犯罪ツールキットの新たな亜種が、コマンド・アンド・コントロール(C&C)サーバへの依存から、ピア・ツー・ピア・アーキテクチャへと移行している。

C&Cサーバは、サイバー犯罪ネットワークのアキレス腱で、法執行機関や警察によるテイクダウン作戦やモニタリングに脆弱だ。昨年リリースされたZeusbot/SpyEyeの亜種は、障害が起きたホストが代替C&Cサーバに関する情報を交換可能にするピア・ツー・ピア機能を組み込むことで、テイクダウンによって処刑に導かれる問題を回避した。

現在、サイバー詐欺師はC&Cサーバの必要を無くすため、P2Pテクニックによってインストラクションを伝えることを可能にする機能も、Zeusbot/SpyEyeに組み込んでいる…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×