二要素認証ソリューションとSSL-VPNソリューションの相互接続を確認(日本ベリサイン、F5) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

二要素認証ソリューションとSSL-VPNソリューションの相互接続を確認(日本ベリサイン、F5)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本ベリサイン株式会社とF5ネットワークスジャパン株式会社(F5)は2月28日、ベリサインの「ベリサイン マネージドPKI」によるクライアント証明書、およびワンタイムパスワード認証を提供するリモートアクセス向け追加認証サービス「Symantec Validation & ID Protection(VIP)エンタープライズ ゲートウェイ」とF5のSSL-VPNソリューション「BIG-IP Access Policy Manager(BIG-IP APM)」との、VPN相互接続性を確認したと発表した。

通常のID/パスワード認証に「クライアント証明書による認証」または「ワンタイムパスワード認証」を加えた二要素認証を行うことで、より汎用的に多様なデバイスをサポートし、しかも安全性を強化した利便性の高いリモートアクセスを実現する。これにより。企業内でのリモートアクセスのニーズに対し、社外からのアクセスを許可する際のセキュリティ要件を満たし、一元管理を可能にしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×