DNSの欠陥が抹殺された邪悪なサイトをゴーストドメインとして蘇らせる~サイバー詐欺師が悪用の可能性(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

DNSの欠陥が抹殺された邪悪なサイトをゴーストドメインとして蘇らせる~サイバー詐欺師が悪用の可能性(The Register)

国際 TheRegister

分析 サイバー詐欺師たちは、Webのドメイン名システム(DNS)を操ることによって、悪意あるドメインのオペレーティングをより長い期間(それらが取り消された後でさえ)続けることができるかもしれない。

中国および米国の大学に所属する研究者チームによる最近の共同研究によれば、DNSサーバで広く多用されているDNSサーバのキャッシュ・アップデート・ロジックの弱点が、いわゆるゴーストドメイン作成の可能性を生み出すという。これらのDNSサーバは、インターネットの運営に重要なものだ。これらは人間が読み取れるドメインを、ページ・リクエストを正しいWebサイトにルートするため、ネットワーク・キットが理解できる数値アドレスに変換するためだ。

論文ゴースト・ドメイン名:取り消されてもなおリゾルブ可能の中で、研究者たち(Jian Jiang、Jinjin Liang、Kang Li、Jun Li、Haixin Duan、Jianping Wu)は以下のように説明…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×