秘密分散技術のデータ容量を大幅削減、クラウド環境下のDLPなどに活用(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

秘密分散技術のデータ容量を大幅削減、クラウド環境下のDLPなどに活用(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気(NEC)は16日、重要な情報を分散して保存し機密性を確保する「秘密分散技術」において、クラウドのようなオープンな環境下でも、安全に情報を保存できる技術を開発したことを発表した。

 「秘密分散技術」は、データを複数に分散して管理し、決められた個数のデータを集めることで復元できる技術。このため、重要な情報を保存する際の漏洩対策技術として期待されている。

 従来の技術では、分散した秘密情報の他に、秘密情報に改ざんがあるかを確かめるチェックデジットデータと、チェックデジットの計算を行う鍵データを分散して保持する必要があった。チェックデジットのデータは秘密情報と同程度のサイズ、鍵データは秘密情報の3倍以上のサイズとなるため、課題となっていた。

 新たに開発された技術では、通信などで用いられていた「誤り訂正符号技術」と、従来の秘密分散技術を最適に組み合わせることで、鍵データを復元可能とした。これにより、鍵データが不要となるとともに、チェックデジットのデータサイズも約20バイトとし、秘密情報とほぼ同程度のデータサイズで改ざんの特定が可能としたという。本技術により、秘密情報の安全な保存に大容量のディスクが不要となる見込み。

NEC、ディスク容量を大幅に削減した「秘密分散技術」を開発……クラウドでの活用に期待

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×