形骸化していたiOSガイドライン、「Path」の他にも連絡先データ無断使用(アップル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

形骸化していたiOSガイドライン、「Path」の他にも連絡先データ無断使用(アップル)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 米アップルは15日(現地時間)、広報担当のTom Neumayr氏がアプリの連絡先データ無断使用問題について発表した。iOSの修正版をリリースし、この行為を禁止する予定だという。

 この問題は、ソーシャルネットワーク「Path」のアプリがiPhoneの連絡先データを無断で自社サーバーにアップロードしていたことが発覚して注目された。Pathは激しい非難を受けて全てのデータを削除したが、その後、同様の行為を行なっているアプリがほかにもあることがわかった。

 アプリが連絡先データを無断で使用することは、従来からアップルの定めるガイドラインで禁止されている。しかし、それを守っていないアプリが複数App Storeで配布されていたことについて、アップルにも責任の一端があるとする意見もある。アップルは全てのアプリについて、ガイドラインに違反していないか審査を行なっているはずだからだ。

 今回のアップルの発表は、形骸化していたガイドラインの内容を厳格に遵守させるためのものといえる。修正版ではアプリが連絡先データにアクセスするには、事前にユーザーに了解を求める「オプトイン」が必須となる。

 過去にはユーザーの位置情報を多くのアプリが勝手に使用していたことが問題となり、iOSの修正版で位置情報をアプリが使用する際はオプトインが必須となる修正が行われたことがある。

iOSの連絡先データ無断使用禁止を厳格化、修正版もリリース

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×