マルウェア開発者、オープンソースを歓迎~悪意のハッカーたちは仲間からの支援を切望しているとセキュリティ企業が語る(The Register) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

マルウェア開発者、オープンソースを歓迎~悪意のハッカーたちは仲間からの支援を切望しているとセキュリティ企業が語る(The Register)

サイバー犯罪者たちはオープンソース・マルウェアを歓迎し、新しいCitadelマルウェアを使用した20種類のボットネットを作成しており、これは電子バンキング詐欺師のFreeBSDになり始めている。

国際 TheRegister
昨年、悪名高いZeuSサイバー犯罪ツールキットのソースコードがリリースされたのを受け、サイバー詐欺師たちは、バンキング型トロイの木馬の開発におけるオープンソース・モデルを歓迎している。

ここ数週間、Citadelと呼ばれるZeus Trojanの亜種が複数登場している。コンピュータ・ウイルスの作者たちが新たな開発ライフサイクルを受け入れ、オープンソース・マルウェアを複製しているからだ。

ネット・セキュリティ企業Seculertの報告によれば、同ソフトウェアの主要な開発者たちは、Citadelの顧客(他のサイバー犯罪者)が同マルウェアの新機能やモジュールを提案したり、バグや他のエラーを報告したり、電子バンキング詐欺師仲間と議論をしたりできるできるフォーラムも作成している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×