「McAfee Application Control」を刷新、脆弱性対策にも有効に(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

「McAfee Application Control」を刷新、脆弱性対策にも有効に(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マカフィー株式会社は2月8日、サーバとデスクトップ上で実行するアプリケーションを信頼できるアプリケーションのみに制限できるソリューション「McAfee Application Control」の最新バージョンを発表した。新バージョンでは、デスクトップ固有のエンドユーザへの通知や承認申請などの機能を、企業のデスクトップに提供するソリューションとなった。

同社独自のグローバル脅威情報サービス「McAfee Global Threat Intelligence」に統合され、企業内のすべてのファイルのレピュテーションを表示できるようになった。また、ホワイトリスティングによるメモリ保護に加え、日々発生する高度で複雑な脅威、ゼロデイ攻撃を阻止することが可能となった。また、「McAfee ePolicy Orchestrator」による一元管理にも対応する。ホワイトリスティングによるダイナミックな信頼モデルの採用で、これまで高負荷だった手作業によるサポートを不要にし、コスト削減を実現するとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×