【地震】福島第一原子力発電所の状況(2月6日午後3時現在) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

【地震】福島第一原子力発電所の状況(2月6日午後3時現在)

 東京電力が2月6日午後3時現在として発表した福島第一原子力発電所の状況は以下の通り。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
 東京電力が2月6日午後3時現在として発表した福島第一原子力発電所の状況は以下の通り。

※2月6日午前8時40分、第二セシウム吸着装置において、徐々に処理流量に低下傾向が見られることから、フィルタの逆洗をするため、当該装置を一時停止。同日午後1時25分に同装置を起動し、午後1時33分、定常流量(毎時34立方メートル)に到達。

※2月6日午前8時44分、2号機原子炉建屋開口部(ブローアウトパネル)のダストサンプリングを開始。同日午後1時3分、サンプリングを終了。

※一時、温度上昇の傾向が大きくなっていた原子炉圧力容器底部において、より一層温度の上昇傾向を抑制する観点から、あらためて原 子炉への注水量を増加することとし、2月6日午前1時29分、2号機原子炉への注水量について、給水系からの注水量を毎時約5.8立方メートルから毎時約6.8立方メートルに変更(炉心スプレイ系からの注水量は毎時約3.8立方メートルで継続)。現在は約71.0度(2月6日午前11時時点)である。引き続き、傾向監視を行う。

※2月6日、2号機原子炉格納容器ガス管理システムのチャコールフィルタのサンプリングを実施。
《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×