政府要請によるツイート削除はその国だけの限定に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

政府要請によるツイート削除はその国だけの限定に

 米Twitterは26日(現地時間)、国家政府からの合法的な要請によるツイートの削除について、システムを変更すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米Twitterは26日(現地時間)、国家政府からの合法的な要請によるツイートの削除について、システムを変更すると発表した。

 Twitterは国家政府から合法的な要請を受ければ、ツイートの削除を行っている。従来は、全世界からツイートを削除していたが、これからは該当国だけで削除し、それ以外の国ではそのツイートが見られるようにするという。

 今回の変更を発表したブログで広報担当者は「我々が国際的になるにつれ、我々の表現の自由とは異なる考えを持つ国にもサービスが広がった。いくつかの国では我々がそこに存在することが不可能であるほど、極めて考えが異なる」としている。世界的に統一した対応が困難であることから、国別の対応に切り替えたものと考えられる。

 また、オンラインの表現の自由を守る目的のウェブサイト「Chilling Effects」に、Twitterに関するページを開設した。個々の削除要請についてのデータを閲覧することが出来る。これによれば削除要請のほとんどは著作権侵害によるものとなっている。
《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×