日本鉄鋼連盟林田会長、東電の電力引き上げ「業界で200億円のコストアップ」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.21(土)

日本鉄鋼連盟林田会長、東電の電力引き上げ「業界で200億円のコストアップ」

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース

日本鉄鋼連盟の林田英治会長は1月25日の定例会長会見で、東京電力が大企業向け電気料金を引き上げることについて、「東電管内だけで業界で200億円のコストアップになる。上場している電炉メーカーは全社が赤字に転落する厳しい状況」とした上で、政府に原発再稼働に向けて努力するよう求めた。

林田会長は電気料金の引き上げについて「頭の痛い問題」と述べた。電気を大量に消費する電炉メーカーは、電気料金を抑制するために電気料金の安い夜間や休日に稼働させている。今回の大企業向け17%の値上げによって、夜間・休日の安い電気料金も無くなるため、「実質4割の値上げになる」としている。

その上で林田会長は「業界への影響を試算したところ、東電管内のオール鉄鋼業界で年間200億円のコストアップ要因になる。このうち、普通鋼の電炉で60-70億円のコストアップとなる」と述べた。

また、株式を上場・公開している電炉メーカーの「(電気料金値上げ分は)2010年度の経常利益の1.5倍を超える。利益なくなるどころか、赤字に転落する」厳しい状況と指摘。

こうした状況から林田会長は「日本の5重苦、6重苦にさらに電気料金が値上げされ、事態は深刻。政府にエネルギー政策を議論して欲しい」と。さらに「今の時代、原発無しには難しい。安全確保が最優先だが、稼働できる原発は再稼働に向けて努力して影響をミニマムにして欲しい」と踏み込んだ。
《編集部@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  6. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  7. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  8. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  9. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  10. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×