政府機関にも組織内CSIRTを整備するなど--情報セキュリティ政策会議(NISC) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

政府機関にも組織内CSIRTを整備するなど--情報セキュリティ政策会議(NISC)

NISCは、1月24日に開催された情報セキュリティ政策会議第28回会合の内容について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は1月25日、情報セキュリティ政策会議第28回会合の内容について発表した。1月24日に開催された同会合では、「情報セキュリティ対策に関する官民連携の在り方」「重要インフラ防護のための取組強化」「情報セキュリティ月間」について討議された。特に「情報セキュリティ対策に関する官民連携の在り方」については、政府が講ずるべき情報共有などに関する対策を取りまとめている。

取りまとめでは、NISCが警察庁のサイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク、経済産業省のサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)、総務省のテレコムアイザック官民協議会などとNISCが運用する府省庁間のインシデント情報共有ネットワークとの情報連携の結節点の役割を果たすとした。また、政府機関においても組織内CSIRTなどを整備し、標的型攻撃などに関する対策を遺漏なく継続的に実施すること、政府CSIOを新たに設置することなどが話し合われた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×