政府機関にも組織内CSIRTを整備するなど--情報セキュリティ政策会議(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

政府機関にも組織内CSIRTを整備するなど--情報セキュリティ政策会議(NISC)

NISCは、1月24日に開催された情報セキュリティ政策会議第28回会合の内容について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は1月25日、情報セキュリティ政策会議第28回会合の内容について発表した。1月24日に開催された同会合では、「情報セキュリティ対策に関する官民連携の在り方」「重要インフラ防護のための取組強化」「情報セキュリティ月間」について討議された。特に「情報セキュリティ対策に関する官民連携の在り方」については、政府が講ずるべき情報共有などに関する対策を取りまとめている。

取りまとめでは、NISCが警察庁のサイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク、経済産業省のサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)、総務省のテレコムアイザック官民協議会などとNISCが運用する府省庁間のインシデント情報共有ネットワークとの情報連携の結節点の役割を果たすとした。また、政府機関においても組織内CSIRTなどを整備し、標的型攻撃などに関する対策を遺漏なく継続的に実施すること、政府CSIOを新たに設置することなどが話し合われた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×