宇宙ステーション関連情報漏えいの可能性(JAXA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

宇宙ステーション関連情報漏えいの可能性(JAXA)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1月13日、同機構の端末がウイルス感染し、当該端末内の情報と同端末を利用する職員がアクセス可能なシステムに関する情報が外部に漏洩していたことが1月6日に判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1月13日、同機構の端末がウイルス感染し、当該端末内の情報と同端末を利用する職員がアクセス可能なシステムに関する情報が外部に漏洩していたことが1月6日に判明したと発表した。

同機構によれば、漏洩した可能性のある情報は、感染端末に保存されていたメールアドレスやログイン情報の他、宇宙ステーションへの物資補給機(HTV)に関連する情報など。

発表された経緯によれば、2011年8月11日に当該端末で異常を検出し直ちにネットワークから切り離し調査したところ、8月17日に当該端末がウイルスに感染していることが判明し、ウイルスを駆除しても異常が継続したため、当該端末を引き続き調査したところ、別の新種のウイルスによる情報収集がなされていた痕跡、および2011年7月6日から8月11日の間、何らかの情報を外部に対して送信していたことが本年1月6日に判明したという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×