Twitterを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

Twitterを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

 フィッシング対策協議会は13日、緊急情報「Twitterを騙るフィッシング(2012/1/13)」を公開した。

 それによると、TwitterのIDおよびパスワードを入力させる偽サイトが稼働しているとのこと。15時現在も、フィッシングサイトは稼働しており、同協議会ではJPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼したとしている。サイトのURLは「http://ti●●●●●●.com/login/gewrfg/?timed_out=1」などとなっているが、今後、類似のフィッシングサイトが公開される可能性もある。また今回使用されているフィッシングサイトのURLは、正規のTwitterサイトのURLに似ているため、注意が必要だとしている。

 Twitterでは、ログインする前に、そのサイトがTwitter.comであることを確認し、ダイレクトメッセージでのリンクなどに注意を払うよう呼びかけている。

Twitterを騙る偽サイトが出現……「本物と紛らわしいURL」を使用

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×