再生PCを寄贈して被災企業の再起を後押し点…商工会やマイクロソフトなど | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

再生PCを寄贈して被災企業の再起を後押し点…商工会やマイクロソフトなど

 日本商工会議所、東北六県商工会議所連合会、大学ICT推進協議会、日本マイクロソフトは共同で11日から、遊休機械無償マッチング支援プロジェクトを開始し、被災企業へ再生パソコンの無償提供を行う。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本商工会議所、東北六県商工会議所連合会、大学ICT推進協議会、日本マイクロソフトは共同で11日から、遊休機械無償マッチング支援プロジェクトを開始し、被災企業へ再生パソコンの無償提供を行う。

 このプロジェクトは、東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県で事業再開に取組む商工会議所会員中小企業を対象に、大学で保有しているパソコンを、再生したうえで無償で提供するもの。

 全国約50の大学などが参加している大学ICT推進協議会が協力。まず、九州大学が再生パソコンを提供し、日本マイクロソフトが、WindowsなどOffice製品のライセンスを再生パソコンに無償でインストール。被災地の商工会議所を通じ、被災事業者の希望に応じて再生PCを寄贈する。
《Action Japan!@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×