HDD最大1.5倍値上げ、タイ洪水被害影響(バッファロー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

HDD最大1.5倍値上げ、タイ洪水被害影響(バッファロー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 バッファローは22日、外付けHDD、ポータブルHDDD、ネットワーク対応HDD(NAS)の7製品で価格改定を実施した。

 今回の価格改定は、タイで発生した洪水被害の影響によるもの。HDDの部品価格の急騰による供給不安のため、7製品すべてで値上げとなっている。なお、新製品の型番は旧型番の後ろに「J」が追加されたものになっているが、仕様に変更はない。それぞれ12下旬から出荷される。

 最大の値上げ率となったのは、外付けHDD「HD-LS2.0TU2-WHJ」。PCはもちろん、テレビやレコーダー、ゲーム機などでも利用できる今年9月に発売された2TBの外付けHDDで、希望小売価格は旧13,600円から新21,000円へ約54%の値上げとなる。

 ポータブルHDDで対象となる「LS-WSXL/R1」シリーズのホワイトモデルは、本体サイズが幅77×高さ14×奥行き114mm、重さが165gの小型・軽量モデル。500GB「HD-PCT500U2-WHJ」は希望小売価格を旧8,500円から新12,500円へ約47%値上げ、750GBモデル「HD-PCT750U2-WHJ」は希望小売価格を旧10,600円から新15,700円へ約48%値上げする。

 ネットワーク対応HDD(NAS)で対象となるのは、容量3TBの「LS-V3.0TLJ」「LS-X3.0TLJ」と容量6TB「LS-WV6.0TL/R1J」「LS-WX6.0TL/R1J」の4製品。LS-V3.0TLJは希望小売価格を旧31,700円から新39,100円へ約23%値上げ、LS-X3.0TLJは希望小売価格を旧26,400円から新34,900円へ約32%値上げ、LS-X3.0TLJは希望小売価格を旧58,300円から新70,000円へ約20%値上げ、LS-WX6.0TL/R1Jは希望小売価格を旧53,000円から新65,800円へ約24%値上げする。

HDDを最大1.5倍以上に値上げ! タイの洪水被害でバッファローが価格改定

《丸田@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×