前年比プラスに回復、11月の国内パソコン出荷実績(JEITA) | ScanNetSecurity
2024.05.21(火)

前年比プラスに回復、11月の国内パソコン出荷実績(JEITA)

 電子情報技術産業協会(JEITA)は22日、11月の「パーソナルコンピュータ国内出荷実績」を発表した。10月のマイナス成長から一転して前年同月比を上回る結果となった。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 電子情報技術産業協会(JEITA)は22日、11月の「パーソナルコンピュータ国内出荷実績」を発表した。10月のマイナス成長から一転して前年同月比を上回る結果となった。

 11月の出荷台数合計は78万7千台で前年同月比112.7%、出荷金額合計は597億円で同93.9%のマイナス成長となった。内訳を出荷台数/前年同月比で示すと、デスクトップPCは24万4千台/111.7%で、液晶一体型(オールインワン)が12万4千台/105.1%、セパレート(単体)が12万1千台/119.4%。ノートPCは54万2千台/113.1%で、モバイルノートが10万2千台/98.9%、A4型が44万1千台/117%となった。

 地デジチューナー内蔵PCは、出荷台数が8万台で前年同月比が104%。内訳として出荷台数/前年同月比は、デスクトップPCが6万7千台/109.9%、ノートPCが1万3千台/81.7%というデータである。

 モバイルノートと地デジチューナー内蔵ノートPCの2ジャンルを除き、いずれも出荷台数は前年比を上回った。個人向け製品が好調に推移し、法人向けについてもIT機器への設備投資が回復しつつあると推察される。

前月から一転して前年比プラスに回復!11月の国内パソコン出荷実績

《加藤@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×