2011年に公開された月例パッチは99件、CVE232件に対応--2011年まとめ(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

2011年に公開された月例パッチは99件、CVE232件に対応--2011年まとめ(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2011年に公開した月例セキュリティ情報についてブログでまとめている。2011年はに公開されたセキュリティ情報は99件で、232件のCVEに対応した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は12月18日、2011年に公開した月例セキュリティ情報についてブログでまとめている。2011年はに公開されたセキュリティ情報は99件で、232件のCVEに対応した。CVEの件数は2010年下半期をピークにやや減少傾向にある。深刻度では「緊急」の割合が全体の3分の1にとどまり、これは月例セキュリティ情報を開始した2003年以来、最も少ない割合となっている。絶対数においても2006年以降で最小となった。

なお、月例セキュリティ情報の件数が最も多かったのは2010年、「緊急」の割合および絶対数が最も高かったのは2006年であった。また、ここ数年は年に2~3件あった定例外のリリースについては、2011年は0件となっている。これは、より進んだ脅威の観測や分析、回避策の提供、Microsoft Active Protection Program(MAPP)を通じての保護策の提供、開発チームの努力などが要因であるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×