次世代IPS基準を満たすネットワークセキュリティフレームワークを発表(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

次世代IPS基準を満たすネットワークセキュリティフレームワークを発表(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マカフィー株式会社は12月12日、高度なネットワーク不正侵入対策と次世代のコントロールを統合するネットワークセキュリティフレームワークを発表した。本ソリューションにより、徹底した情報収集と自動化により攻撃を阻止、解決するますます高度化する攻撃を防ぐことが可能となる。また、「McAfee Network Security Platform 7」が組み込まれ、2011年10月7日に発行されたガートナー社のレポート「次世代のネットワーク不正侵入対策の定義」に書かれている「次世代のネットワークIPS」の基準を満たすものとなっている。

ネットワークセキュリティフレームワークでは、新しいDoS/DDoS対策機能、動作が不審なシステムをより正確に、確実に識別するための多数の新しいボットヒューリスティック機能が組み込まれたネットワークIPS、アプリケーション認識・管理機能、Global Threat Intelligenceなどが組み込まれ、複数のソースのデータを関連づけ、確実に攻撃を特定、誤検出をなくし、ダイナミックなセキュリティ施行の提言を行うことが可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×